アトピー 喜びの声

  • 先生には感謝の一言しかありません!

    小児アトピー/2歳/ MK様

    知人に紹介してもらい先生に出会うことが出来ました、優しく穏やかな先生の人柄に好感を持ちました。「絶対に良くなります」と言って頂けたのが一番大きいです。
    鍼灸は初めてだったので息子も不安な様子で泣いてしまったのですが、先生が時間をかけて息子のペースに合わせて施術して下さり、親としても安心し、先生に診てもらいたいと強く思いました。
    生後一カ月から使っていたステロイドも通い始めて2カ月で使わない状態になりました。今まで全身にあった湿疹が嘘のように消えて今ではアトピーとはわからない程になっています。
    アトピーは治らないものだと皮膚科では言われていました。ステロイドも少しずつ強いものを使うようになってこのまま使い続けることに不安を抱いていた時に先生に出会いました。今では息子の肌もツルツルです。先生には感謝の一言しかありません。

    (※あくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります)

                                         →皆様の声をもっと見る

アトピー性皮膚炎(大人・子供)

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎の原因

     アトピー性皮膚炎の原因は非常に複雑です。遺伝的にアレルギー体質、ドライスキン、アレルゲンが周囲にある、ストレス、生活リズムの乱れ、脱ステロイドによるリバウンドなどといった要因が絡み合うことでアトピーが発症します。 皮膚のバリアの弱まりが肌の乾燥を引き起こし、汗や衣服との摩擦などの日常生活の中でのありふれた刺激でアトピーなどの皮膚炎を生じます。

  • アトピー性皮膚炎の養生法

    アトピー性皮膚炎の養生法

    肌がデリケートな方は、皮膚炎を起こさないために柔らかい木綿素材の衣服がおすすめ。部屋はこまめに掃除をし、なるべく規則正しい生活をします。またイライラなどのストレスを、上手に気分転換しましょう。
    応急処置として、冷たい水で洗ってから薬を塗ったり、凍らせた保冷剤や冷たいタオルなどで冷やしたりすると、かゆみがやわらぐこともあります。保湿剤も自分に合ったものを見つけましょう。

アトピーの人が避けたい食べ物(食事)

  • アトピーは白砂糖避けよう

    ①白砂糖(お菓子・清涼飲料水)の摂りすぎは×。

    白砂糖は吸収が早く、すぐに血糖値が上昇します。 血糖値を一定に保つために、ホルモンが働きますが、 それが刺激となって痒みが増幅することがあります。 また、砂糖は悪玉菌のエサになり、腸内環境が悪化します。 免疫も低下し、アトピー体質が改善しなくなってしまいます。

  • アトピーは添加物を避けよう

    ②食品添加物を避ける。

    食品添加物(インスタント食品・ファストフード・菓子類)、合成着色料などは、免疫力が低下しやすくなり、排出されずに体内に蓄積されていくものもありますので、アトピー体質の方は、なるべく摂取は避けましょう。

  • アトピーはアレルゲンを避けよう

    ④アレルゲンを含む食品は避ける。

    アトピーなどの症状が発生したり・悪化することがあります。 原因の食品は人それぞれですが、牛乳・たまご・魚介類(エビやカニなど、青魚など)・ 肉類(牛、豚、羊)・豆類・蕎麦・穀類(小麦など)に反応する人が多いようです。 食べると調子が悪くなる食品があれば、 しばらくそれを避けてみましょう。アレルゲンがなくなれば、そのまま体質が改善されるケースもあります。

    美容鍼灸についてへ戻る

アトピー性皮膚炎の漢方鍼灸

  • アトピー性皮膚炎の鍼灸治療

    アトピー性皮膚炎の鍼灸治療

    “皮膚は内臓の鏡”といいますが、湿疹や蕁麻疹(じんましん)・乾癬・アトピー性皮膚炎・かゆみなどの皮膚病も、実は内臓からの警告信号なのです。ところが、皮膚病に対して、内臓を治療しようとする皮膚科の医師を見かけたことがありません。なかなか現実的には難しいことでしょう・・・。一般的に、保湿剤やステロイドの塗り薬などを処方し、皮膚だけしか見ず、そこだけの対処しかしていません。しかし、東洋医学では、皮膚病を起こした身体の方に重点を起きます。からだ全体の気血(血液と生体エネルギー)の流れをよくすることで、自然治癒力が高まり、アトピー性皮膚炎などの皮膚病も改善していくのです。

  • アトピー性皮膚炎の症例

    アトピー性皮膚炎の症例

    ●36歳 女性 池田市
    症状 アトピー性皮膚炎、肩こり
    東洋医学的判断 脈、腹、舌の状態を見て東洋医学的に腎虚証としました。
    現病歴 赤ちゃんの頃から全身にアトピーが出ており、市販薬やステロイド剤もよく使用していた。塗り薬のステロイド剤を使うと一時的に症状は軽減するものの、しばらくすると痒みが出てきて、副作用にも困っていた。顔まわりや首・肩、ひじあたりの湿疹は特に強く出ている。顔が火照って赤く、全身ザラザラしている。保湿剤はかかせない。足はとても冷たく、冷えのぼせ状態。

    経過 施術一回目、原因がストレスや生活習慣も大きく関係しているため、しっかりカウンセリングをし、全身施術を施した。3回目、少しづつ赤みが軽減し、皮膚にツヤが出てきた。10回目、肩こりが取れ、特にきつかった顔の皮膚炎がずいぶんきれいになった!体質改善がうまくいっている!ご自身がみるみる変化する事が嬉しく、現在週1で継続施術中。

    美容鍼灸についてへ戻る

  • Access|服部天神から徒歩3分!!ぽん鍼灸院

    お問い合わせへのリンク

初回限定キャンペーン実施中!
Contents
ホーム
初めての方
施術の流れ
不妊治療について
女性のための鍼灸
美容鍼灸について
診療時間・料金案内
患者様の声
  • Access

    大阪府豊中市蛍池東町1-7-1
    【電話番号】06-7172-5639
    【受付時間】9:00~20:00
    ※土日も施術あり

     ▼詳しいアクセスページは
     →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも
好アクセス!蛍池駅から徒歩1分!

ぽん鍼灸院
3万人の患者を診てきた成実が教える!!
来訪者様の声