生理痛・月経困難症

  • 生理痛

    このような症状はありませんか?

    ☑吐き気
    ☑頭痛
    ☑腰痛
    ☑腹痛

  • 生理痛

    生理痛の原因

    ①子宮口がまだ成熟していない。(10代や20代前半の方は、子宮頚管がまだ狭くて硬い。)
    ②子宮の収縮。月経時、子宮が収縮することで、月経血を外へ排出します。その時に子宮内膜からプロスタグランジンという発痛物質(痛みを感じてしまう)が出てくるためです。
    ③ 冷えなどで血流が悪い。冷えていると生理痛がひどくなることがあります。
    ④ストレス。自律神経の乱れなどが関与。
    ⑤ 子宮や卵巣の問題。子宮内膜症や子宮筋腫がある場合は生理痛が重いことがあります。それに伴って出血量が多かったり、貧血になったり。だんだん悪化している場合などは要注意です。

  • 生理痛の養生法

    生理痛の養生法

    生理痛の緩和には、身体を冷やす生活習慣を改めましょう!
    ・冷たい食べ物・飲み物は控える。
    ・シャワーだけでなく、お風呂でゆっくり温まる。
    ・エアコンに頼りすぎない。 
    ・朝ごはんをしっかり食べる。
    ・自分に合ったサプリ・飲み物(お茶・ハーブティー)を見つける。 など・・・

  • 生理痛の食事法

    生理痛にいい食べ物・飲み物

    生理痛の緩和には、良い食べ物・飲み物があります。
    ・プルーン(鉄分が豊富)
    ・大豆食品(味噌や豆腐、豆乳はイソフラボンが豊富で、エストロゲンに似た成分が豊富)
    ・ココア(体を温め、リラックス効果)

    また、生理痛に、悪い食べ物・飲み物もあります。
    ・チョコレート(子宮や血管を収縮させます)
    ・コーヒー(カフェインが体を冷やします)

生理痛の漢方鍼灸

  • 生理痛の鍼灸治療

    生理痛の漢方鍼灸

    鍼灸治療をすると、
    ①基礎体温が上がる。
    ②生理痛が無くなる、生理周期が安定する。
    ③無月経の方も、正常に始まります。
    ④不正出血なども止まります。
    ⑤高温期が安定する。
    ⑥子宮内膜が厚くなる。
    本来の妊娠しやすい身体に、自然の力で、戻していきましょう!

  • 生理痛の鍼灸治療

    生理痛の症例

    ●32歳 女性 箕面市
    症状 生理痛
    東洋医学的判断 漢方脈、腹、舌の状態を診て東洋医学的に肝虚証としました。
    現病歴 生理痛で腹痛がひどく、初日から動けなくなるほどきつい状態。痛み止めを飲んでなんとか乗り越えているが毎月の生理が憂鬱とのこと。肩こりと偏頭痛もひどいので、東洋医学で全身の体質改善を望まれて来訪された。

    経過 施術1回目、肩こりが楽になり、視界が明るくなったとのこと。次の生理に向けて体を整えていけば生理痛も軽減していくはずとの思いで、しばらく週に2回に施術を頑張ってもらった。次の生理はやや遅れ気味ではあったが、明らかに今までの痛みとは違うとのことで喜んでいただいた!自宅では、足ツボへのお灸をしてもらい、現在、生理痛も生理周期も安定し、2週に一度のメンテナンス中。

    女性のための鍼灸へ戻る

  • Access|服部天神から徒歩3分!!ぽん鍼灸院

    お問い合わせへのリンク

初回限定キャンペーン実施中!
Contents
ホーム
初めての方
施術の流れ
不妊治療について
女性のための鍼灸
美容鍼灸について
診療時間・料金案内
来訪者様の声
  • Access

    大阪府豊中市蛍池東町1-7-1
    【電話番号】06-7172-5639
    【受付時間】9:00~20:00
    ※土日も施術あり

     ▼詳しいアクセスページは
     →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも
好アクセス!蛍池駅から徒歩1分!

ぽん鍼灸院
3万人の患者を診てきた成実が教える!!
来訪者様の声